Successful studying

【必要な情報を手軽に入手】税理士試験のために解答速報を利用しよう

ホームページで確認しよう

一科目ごと集中して

女性

税理士になるには、合計11科目の中から5科目について合格しなければなりません。
税理士は難関資格としても知られており、何年もかけて合格するのが一般的です。
税理士試験の特徴として、一科目ごとの受験が認められていること、一度合格した科目は一生有効であることがあります。
そのため、すべて合格するまでに五年や十年かかるのはざらです。
科目合格しているだけでもある程度転職や就職のときにアピールできるというメリットもあります。
そのため、受験時は一科目ごと集中して取り組むのがおすすめです。
税理士試験を行った後、自己採点を行い、合否をチェックするのが通常です。
もちろん合格か不合格かは後々通達がきますし、ネットなどでも確認できます。
ですが、それぞれの問題の正否だけでなく、どこで間違え、どこがポイントなのかを知ることで、次の試験に役立てることができるので、必ず自己採点は行うようにしましょう。
自己採点を行うには、大手予備校や専門学校から出されている解答速報を使うのが一般的です。
数字を割り出すものと、論理を導き出すものがあり、論理が必要なものは解答速報を作成するのに時間がかかることもあります。
ですが、数字だけのものはたいていすぐに解答速報が完成するため、早ければ試験後会場で手にはいることもあります。
たいていは数日後にホームページなどで解答速報がアップされており、そこでダウンロードすると使えます。
自己採点会などに参加するのもよいでしょう。

使用できる筆記用具とは

計算する人

税理士試験には、筆記用具の他に、電卓や時計の持ち込みが認められています。
試験問題の解答には、黒または青のインクのボールペンや万年筆を使わなくてはなりません。
鉛筆で解答用紙に記入すると、採点されないので注意しましょう。
鉛筆などの記入後に消したり、訂正できる筆記用具が禁止されているのは、採点時の不正を防止するためです。
ただし、問題文の重要な部分にアンダーラインを引くために蛍光ペンを使用したり、計算用紙や問題用紙に鉛筆で書き込みをするのは自由です。
あくまで、試験終了後に提出する解答用紙だけを、ボールペンや万年筆などの消すことができないペンで記入するようになっています。
ちなみに、ボールペンで書き間違ったときは、該当する箇所に二重線を引いて、その前後に正しい解答を記入します。
このときに訂正印は必要ありません。
税理士試験で使用する電卓にも、いくつかの制限があります。
電池式やソーラー電池で稼働する電卓だけ認められおり、コンセント式のものは不可となっています。
また、大きさはおおむね26センチ以内となっており、あまりにも大きすぎる電卓は持ち込むことができません。
カンニングを防止するために、表示窓が後ろの席から見えやすい電卓も禁止です。
税理士試験では、試験終了後に解答用紙だけを試験官に提出し、問題文や計算用紙は持ち帰ることができます。
問題用紙に、解答用紙に記入したのと同じ解答をメモしておけば、受験予備校などが発行する解答速報を見ながら、自己採点ができます。
解答速報は、請求すると無料で手にすることができます。
また、近年は解答速報をネットでPDFファイルとして公開する学校も増えてきました。
税理士試験の解答速報は過去問としても使えるので、できるだけ入手するようにしましょう。

早急な把握と対策に役立つ

計算

税理士の試験結果を早急に知ることができるのが解答速報です。
解答速報は専門サイトから公開されており、試験日を終えてから2〜3日後の短時間で解答が分かります。
税理士の試験を受験した人にとっては、そのサイトから自己採点をしたり、合格基準に達しているかを確認することができます。
税理士の試験は年に1回行われ、多くの科目を受験する必要があります。
1つの科目に対して一定以上の点数を取っていれば合格できますが、点数が足りない科目は次の試験で合格しなければいけません。
それぐらい税理士の試験は難易度が高く、実際に全部の科目に合格する人は多くはありません。
地道に受験を要する対策が必要なため、解答速報のメリットが今後に役立ってくるのです。
解答速報は無料で利用することができます。
解答速報の公開は科目ごとによってそれぞれ異なり、公開日や時間がバラバラです。
これらは事前に公開予告がされているので、気になる科目は前もってチェックできます。
1つの科目に対する問題は決して少なくはないので、1つ1つ答え合わせをしていくことで改めて理解が深まることもあります。
難易度が高い税理士でも、解答速報を上手く利用していけば着実な上達が期待できます。
税理士試験の公式な合格発表は、試験日から数か月後に行われる場合が多いです。
受験者数の多さや正確な採点などからどうしても時間がかかってしまうので、それまで待たなければいけません。
しかし、解答速報を利用すれば長い間待つ必要もなく、いい結果が期待できる人もそうでない人も、何らかの対策を進めることができます。
税理士試験を受験する人は働きながら学習する人がほとんどなので、時間を有効的に使う意味でもとても役立ちます。