家族が安心して暮らせるようにするためには外壁塗装をしよう

作業員
  1. ホーム
  2. 業者が行う塗装工事の意味

業者が行う塗装工事の意味

作業員

塗料の役割と家の寿命

家の外壁を触ったら手が白く汚れたという経験はありませんか。手が白く汚れるのは外壁に塗ってある塗料が劣化して防水の効果がなくなってきているということです。放置していると小さな亀裂が入ったり、雨水や湿気が入り込んだりするようになってきます。手が白く汚れた部分の上だけ、亀裂が入ったところだけ塗料を塗っても意味はありません。応急処置で塗っても直ぐにはがれてしまい効果がないからです。神戸の業者が行っている外壁塗装は外壁の素材にあった塗料を選び、塗料にあった塗装方法を考えて行われています。神戸の業者が外壁塗装に使う塗料には様々な種類があります。水性と油性、汚れが付きにくい塗料、防水効果が高い塗料、断熱効果が高い塗料など機能性を重視したもの、ツヤの有り無しで美観効果を高めるものなど数多くの種類があります。この中から外壁の素材に合わせて塗料を選ぶことで塗料の効果が最大限にいかされて建物全体の寿命を延ばすことが可能になるのです。神戸の業者は施工主から連絡が入ったら外壁と屋根の状態を確認して報告しています。外壁の塗料が劣化しているということは屋根の塗料も劣化している可能性が高いからです。屋根の塗料が劣化して防水効果がなくなると、雨が建物内に漏れるようになり木材を腐らせカビが生える原因に繋がります。雨漏りに気づいてから塗り替えをするよりは、外壁塗装時に屋根の塗り替えや補修をしておけば安心です。神戸の業者に外壁塗装を依頼して建物の寿命を延ばすようにしましょう。